« 基板が届いたのでADCLK914の実験を行う | トップページ | 2021年のまとめ »

2021.12.30

オシロアプリの水平軸

オシロアプリを作っているのですが、水平軸の切り替えをどうするかで考えていました。

今まではサンプリングクロックの切り替えのつまみと、キャプチャ長の切り替えのつまみの2つがあって、なかなか使いにくい仕様でした。

総取得時間を増やすとキャプチャするべきデータ長が増えるので、データ転送に時間がかかるようになるので、この2つはうまい具合に連動して変化させなければなりません。

そこで、ツマミは1つにして取得時間を切り替えるようにしました。20ns,50ns,100ns・・・100us,200s,500us,1ms,2ms,5msと切り替えていくときに、データ長が10000を超えるようであればサンプリング周波数を下げるようにしました。これが見事にうまくいって、オシロ的な軽快な操作性が実現できました。

Hdiv1 Hdiv2 

Hdiv2Hdiv3 Hdiv4 Hdiv5

実になめらかに水平軸が切り替わるようになりました。

 

|

« 基板が届いたのでADCLK914の実験を行う | トップページ | 2021年のまとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 基板が届いたのでADCLK914の実験を行う | トップページ | 2021年のまとめ »