« Visual C#でのExcel出力 | トップページ | 連続的等価サンプリング »

2021.12.09

Cosmo-Zからパルスを出力する基板

8chのマルチチャネル等価サンプリングを行うために、下の図のような基板を考えています。

Pulse1

HMC987LP5Eの1:9バッファを使って信号を分岐させた後、HMC788Aでバッファします。

この基板をCosmo-Zの本体とBNCコネクタの間に入れて、

Pulse2

パルスを送信して、戻ってきたパルスをCosmo-Zに送るというしくみです。

Pulse3

こういうことをやりたいのですが、高周波対応のスイッチというのもあるようで、例えばRenesas F2976なんていうのがあります。

スイッチを使えば、反射測定するときだけ送信アンプとBNCコネクタをつないでおいて、通常の測定時はパルス送信回路を切っておくことができます。

Pulse4

 

こういう最近出てきた高周波デジタル・アナログ・ミックスド・デバイスは絶対最大定格で入力パワーが30dBm付近に設定されていますが、1Vの電圧が50Ωのインピーダンスに加わると20mWですから、6dBmになって、だいたい1Vくらいの振幅の波までしか通せないことになります。

送信機並みのパワー用でなくて、受信用あるいは基板間接続用なのですね。

同軸ケーブルをドライブするにはちょっと心細い感じがします。送信のパワードライブにはやっぱりトランジスタかな。

|

« Visual C#でのExcel出力 | トップページ | 連続的等価サンプリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Visual C#でのExcel出力 | トップページ | 連続的等価サンプリング »