« Cosmo-Z用ケースの設計 | トップページ | MMCMのPhase Shiftをハードウェアで自動化した »

2022.01.05

パルス送信基板の実装

Digikeyからようやく部品が届いたので、パルス送信基板を実装してみました。

Photo_20220113130301

その結果が、↓の波形。

Photo_20220106022101

うーん、なんだか遅くない?

 

空中配線で作ったパルス送信回路を持ち出してきて

Photo_20220113130401

再びオシロで測ってみると・・

Photo_20220106022102

基板を起こすよりも高速。

 

基板化することで配線のインピーダンスが減り、波形が鈍るのかな・・。

回路自体は単純なエミッタフォロアなので、もとの波形が鈍っていると考えたほうがいいかもしれない。直列終端抵抗やAC終端のコンデンサの容量を調整してなんとか波形を綺麗にしたけど、どうやっても2~2.5nsくらいが限度でした。

性能を求めるなら空中配線に軍配が上がるということかもしれません。

|

« Cosmo-Z用ケースの設計 | トップページ | MMCMのPhase Shiftをハードウェアで自動化した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Cosmo-Z用ケースの設計 | トップページ | MMCMのPhase Shiftをハードウェアで自動化した »