« Cosmo-Z Scope v0.8.3.0をリリース | トップページ | 波形の重ね合わせ表示 »

2022.03.10

Mouserで購入した部品と計測器がアラスカで不時着

MouserでOPアンプと、Keysightの任意波形ジェネレータを購入したのですが、3月5日にmechanical failureと表示されてからちっとも動きません。

Ups_engine_failure

UPSに電話して聞いてみると、「エンジントラブルで、エンジンを交換しないと動かない」からしばらくは動かないということでした。

なんのこっちゃという感じですが、本当にトラブルが起きているみたいです。

Ups767

https://mentourpilot.com/incident-767-loses-engine-in-climb-but-cant-land/

 

要約すると、アラスカのアンカレッジを飛び立った飛行機のエンジンから火が出たのを目撃した人がいて、飛行機はアンカレッジに戻らずフェアバンクス空港に着陸したようです。人的被害がなかったのはよかったのですが、その後、積み荷を全く動かそうという気配がないですね。

代わりの飛行機を用意して貨物を移すとかそういうことはせずに、エンジン交換をいつまでも待っている感じです。

荷物が届かなくて困っている人がいるとか考えないのでしょうか。それとも、フェアバンクスには貨物を移すための設備がないのでしょうか?

UPSって速く着くときは速いけど、トラブルが起きたときに何とかしようしないんですね。

 

|

« Cosmo-Z Scope v0.8.3.0をリリース | トップページ | 波形の重ね合わせ表示 »

コメント

よく解りませんけど、飛行機とか船に載せられた人とか荷物は
法律上特別に保護された(隔離された)状態にあり、
法的な手続きを経ないで機外へ持ち出す事はできないのでは無いでしょうか。
COCOMに抵触するような物は特に。

仮に代替機へ移すとして、その際に破損や紛失する可能性を考慮したら
(そしてその責任を負うリスクを天秤に掛けたら)
多少時間を要しても輸送機を修理するのが
輸送会社にとっては最も安全な策という判断になるのかなと。

投稿: さと | 2022.03.16 19:18

そうですね!
保税とかいうやつがありましたね。だからエンジンを交換するのを待っていたのかもしれませんね。

で、今日無事に届きました。今週の月曜日くらいには修理のめどがついたみたいです。

投稿: なひたふ | 2022.03.16 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Cosmo-Z Scope v0.8.3.0をリリース | トップページ | 波形の重ね合わせ表示 »