« 波形の重ね合わせ表示 | トップページ | 波形の重ね合わせプログラムが破綻した原因 »

2022.03.12

非連続波形の表示がうまくいかない

Cosmo-Zでは、イベント波形の表示させかたで、重ね合わせて表示させるというモードを作っています。

下の図は放射線のバックグラウンドを取ったものです。連続してはいないけど5秒間にたくさんのイベントが発生していることがわかります。

Wave1_20220313162001

これを重ねて表示すると、こうなります。 

Wave2_20220313162101

しかし、何かの具合によっては、最大値、最小値を表す縦棒がうまく表示されません。

10秒間に起きたイベントを表示させてみたのだけど、

Ijou

うーん、絶対にありえない。何かがおかしい。

重ね合わせは表示できるようになったけど、それを時間軸上に展開するほうがうまくいかなくなりました。

 

以前はうまく表示されていたのですが、今回、イベント波形を1つ1つの「チャンク」という単位に切り分けて二重配列にしたのですが、これはよくないアイデアだったようです。

このプログラムは気絶するほど難解で、いったい何がどうなっているのか・・

|

« 波形の重ね合わせ表示 | トップページ | 波形の重ね合わせプログラムが破綻した原因 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 波形の重ね合わせ表示 | トップページ | 波形の重ね合わせプログラムが破綻した原因 »