« ZYNQで実用的なシステムを構築するための本の発売開始 | トップページ | 画像検査装置を選ぶ »

2022.10.05

東大の学術専門職員に就任しました

突然ですが、10月から東京大学先端科学技術研究センター 稲見・門内研究室の学術専門職員に就任しました。

FPGAの設計をしたり学生さんの回路設計を手伝ったりデバッグなどをすることになると思います。

学生さんたちの若いパワーに負けずに頑張っていきたいと思います。

Gaku

さて、学術専門職員って何かということなのですが、規約を読むと「大学と雇用関係」がある教職員で、「外部資金で雇われていて」「非常勤」な者であるようです。

なお、大学の予算(運営費交付金)で雇用されている教職員は教授、准教授、助教、講師など職名の前に何も付きません。「特任~」が付く教職員は競争的な外部資金で雇われていることを意味します。雇用関係がない教職員は「客員~」が付きます。

特任の中でも、特任教授~特任講師は外部資金で雇用関係のあるフルタイムの教職員で、パートタイムだと学術専門職員になります。

まとめると、学術専門職員とは、外部資金を財源として東京から雇用されるパートタイムの教職員ということになります。

 

|

« ZYNQで実用的なシステムを構築するための本の発売開始 | トップページ | 画像検査装置を選ぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ZYNQで実用的なシステムを構築するための本の発売開始 | トップページ | 画像検査装置を選ぶ »