« JLCPCBから基板が届いた | トップページ | ピンエレクトロニクスモジュールの動作確認2 »

2023.01.14

ピンエレクトロニクスモジュールの動作確認1

コネクタの向きを間違えたショックで開発が止まっていた「FPGA真贋判定装置」の開発を再開しました。

Baseboard_20230124070301

まず、中継基板(↑の写真で白いコネクタがならんでいるやつ)に子基板を挿して電源を入れてみると、ブーンと音がして過大電流が流れました。幸先悪すぎ。

1枚目のGND基板と2枚目のVCC基板で何かが同時ONしてショートしているっぽいですね。

そんな感じでひとつひとつデバッグをしていって、ようやく14枚の基板を安全に動かせるところまできました。

14board

そしてJTAGでは14個のCPLDが無事に見えています。

Jtag14

ここまで認識させるのにかなり苦労しました。

JTAGのチェーンが長くなるとシグナルインテグリティが悪くなるのですが、ドライバの出力電流を増やしてクロックを下げるのが良いようです。

 

 

 

 

 

 

 

|

« JLCPCBから基板が届いた | トップページ | ピンエレクトロニクスモジュールの動作確認2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JLCPCBから基板が届いた | トップページ | ピンエレクトロニクスモジュールの動作確認2 »