« BGA324基板が届きました | トップページ | MXA3のカスタム品が届きました »

2023.02.01

Cosmo-Zの拡張DAC基板の動作テスト

Cosmo-Zの拡張DAC基板はいままでに何度も作ってきたのですが、ようやく完成形といいえるものが出来ました。

Dac8_20230202230401

最初は、2chのDAC+D-SUBという謎の仕様の基板を作り(カスタム品です)、その次に2chのDAC+ボックスコネクタの基板を作り、そして8chのDAC基板を手掛けるもノイズバリバリ&電源発振という現象と戦い、その次に作った8ch DAC基板は電源は発振しないもののノイズバリバリでした。

一つ前の基板は出力段のOPアンプの電源を間違えて±2.5VにしてしまいTHDが今一つ。

今回の基板は6回目くらいのチャレンジになるのでしょう。それほど苦労してきました。

FPGAで正弦波を作り、THDを測ってみると、いきなり-85.3dB。

Thd1

本当に苦労した甲斐があって、無調整で一発でうまくいきました。

ノイズのほとんどはディジタルの切り替えのタイミングで出る階段状のものなので、LPFを入れると-120dBくらいまでいきます。

Thd2_20230202230901

微小な信号を発生させたときも、このようにオシロの限界に迫る波形が出ていました。

下の波形は振幅0.5mVに設定したときのものです。

Noise_20230202230901

1LSB=61μVなので↑の波形の中には10段階くらいがあるのだと思います。

 

|

« BGA324基板が届きました | トップページ | MXA3のカスタム品が届きました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BGA324基板が届きました | トップページ | MXA3のカスタム品が届きました »