« MITOUJTAGでのDigilent HS3のTCK速度 | トップページ | 可変電圧スイッチング電源を作る方法 »

2023.10.03

極小Artix-7ボードの設計

極小のZYNQボードに続いて、極小のArtix-7ボードも設計できました。

Minimum_artix

このボードは45mm×23mmのサイズに、

・XC7A100TとDDR3メモリ
・128MbitのSPIメモリ
・8GByteのeMMC

を納めています。

開発用のEther PHYとSDカードはベース基板でアクセスできるようにしています。

ソフトコアのMicroblazeかRISC-Vを入れれば、Linuxまで動くはずです。

こういうのを基板のモノではなく、ガーバデータとしてお客様の基板上に貼り付けていただけるような販売の仕方がしたいなあというのが願いです。

|

« MITOUJTAGでのDigilent HS3のTCK速度 | トップページ | 可変電圧スイッチング電源を作る方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MITOUJTAGでのDigilent HS3のTCK速度 | トップページ | 可変電圧スイッチング電源を作る方法 »