« 笑っちゃうほどの金運の無さ | トップページ | Cosmo-Z MiniでCICフィルタを実装する »

2023.10.31

超小型ZYNQ基板とArtix基板が動いた

かねてより開発していた超小型(45mm×23mm)のZYNQ基板とArtix基板が出来上がってきました。

Czynq1

右側にあるのはベースボードで、電源やJTAGを供給するためのものです。SDカードとLANもベースボード側に乗せています。

この超小型FPGAボードはコネクタというのがなく、4辺に張り巡らせた1mmピッチの端面スルーホールのパッドがコネクタ替わりになっています。どうやってマザーボードと接触させようか悩んだのですが、半導体の検査などに使うコンタクトプローブという、長さ20mm、直径0.6mmほどの針を使って接触させることにしました

このプローブをベース基板にはんだ付けして、その上からFPGAボードを乗せるのですが、指先の感触でうまく位置合わせをしてテープで固定して・・・

Czynq2

見事にJTAGで認識することができました。

Czynq3bscan

 

同時に作ったArtix-7のボードのほうも

Czynq3

このとおり。JTAGで認識させて、さらにバウンダリスキャンでLEDチカチカすることもできるようになりました。

Czynq2bscan 

次はコンタクトプローブを安定して接触させるための技術開発が必要そうです。ベースボードにはMPSSEを使ったUSB-JTAGが乗っているので、これを使ってVivadoやVitisから書き込みなんかもできるといいですね。

|

« 笑っちゃうほどの金運の無さ | トップページ | Cosmo-Z MiniでCICフィルタを実装する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 笑っちゃうほどの金運の無さ | トップページ | Cosmo-Z MiniでCICフィルタを実装する »